SDGs
達成に向けた
わたしたちの取り組み

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

なぜアイエヌジーが
SDGsに取り組むのか

地球の未来を考えて行動する企業になりたい。
アイエヌジーの社員ひとり、ひとりがSDGsに向き合い
イノベーションを起こすため、実行しています。

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs : Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という共通理念のもと、持続可能な開発を目指し、17のゴールと169のターゲットから構成されます。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本でも企業の積極的な参画・貢献が期待されています。

アイエヌジーができること、
アイエヌジーの社員だからこそ
できること

いま私たちが置かれている地球環境の中
「ヒトのために、社会のために、ちょっとした気遣いができる人」を
ひとりずつ増やせたら、どれだけ幸福だろう。

世界中で起きている問題を「自分ごと」として捉えられる人づくりを
アイエヌジーはニッポンの企業として目指していきたい。

「自分ごと」が世界の共通認識となり
自分の周りからどんどん拡がって
世界が幸福になるために
企業として、個人としても、
世界の課題に向き合い、挑戦し続け
明るい未来を創造することを誓います。

アイエヌジーではSDGs委員会を発足し、社内に浸透させる活動を実施しています。
2030年までに17のゴールと169のターゲットを自分ごととして捉え
企業として取り組む姿勢を明確にしていきます。

1.

1.環境問題への取り組み

私たちは地球環境汚染の保護に取り組み、
自然と人間が共生できる社会の持続的発展をめざします。

  • 環境にやさしい資材や機器の導入、リサイクル、CO2排出量の削減に取り組みます。
  • IT活用により、ペーパーレス化を推進しています。
  • イベント会場でのケータリング等は食品ロスにならないよう無駄な発注、購入を控えます。
  • イベント会場で使用する備品(お客様へのサンプリング等では)レジ袋・容器包装のプラ使用量の削減を実施します。
2.

2.安全衛生への取り組み

人生の最大の幸福は「健康である」こと。
従業員が安全に就業し、健康を保持・増進するための環境づくりに取り組みます。

  • 毎年、従業員に健康診断を会社負担で受けてもらいます。若い世代にも血液検査を受検させ、40才以上のオプション検査等も会社負担で受検してもらいます。従業員の健康保持、疾病予防を企業として支え、心身ともに健やかに働けるよう推進しています。
  • 新型コロナウイルス等、新規感染症が流行した際にも従業員の安全を確保するため、抗原検査キットの配布、休職中の給与補填等、安心して働ける環境づくりを目指します。
3.

3.はたらく環境への取り組み

働く人たちが互いに支え合い、達成感や人のぬくもりを感じて
笑顔になれる。そんな職場環境を開拓していきます。

  • 自社の働き方改革、ダイバーシティを推進する。
  • 社員教育のため、社内研修および社外研修を実施します。
  • 自社で取り扱う舞台美術、イベント造作は環境に優しい素材を使用し、
    できる限り再利用します。
4.

4.パートナーシップの輪をひろげる

アイエヌジーから社員の家族に、地域に、お得意様に、
そして社会全体にSDGsについて理解しあえる人の輪をつないでいきます。

  • これから先の未来を意識した行動を起こし、企業全体で、SDGsの輪を広げていきます。
  • 「あと8年、達成に向けて何をするか」を合言葉に、2030年までに社会全体でゴールを達成できるよう推進していきます。

アイエヌジーができること、
アイエヌジーの社員だからこそできること
この掲げた取り組みは、
毎年見直し更新していきます。


アイエヌジーSDGs委員会
2022年4月更新